カテゴリ:未分類( 2 )

明日から仕事始めです・・・

職人の場合は昔から正月休みは少し長く休む人が多いようです。
最近は仕事の量も少なく、ちょうど良いのかもしれませんが、出来ればあと一日、二日早めに始めなければいけないようになりたいものです。

今日はこの間の神社の木の下の方を切ったので見てくれという電話がきたので見て来ました.
とても太い木で直径1.5メートル位あります。
何年か前に枝があまりに張りすぎるので、枝おろしをしたそうです。そのせいか判りませんが、中にクサレが入り去年の7月頃折れてしまったようです。切り倒した根の方も半分くらいクサレが入りちょっと残念です。
太すぎて、製材のノコギリでは引けないのでチエンソーで割ってから板にしようと思っています。

どんな板になるか楽しみです、その時はまた見せたいと思います。
とにかく明日からまた一年頑張って前向きに行こうと思っています・・・ではまた。
[PR]
by masao-oyakata | 2008-01-07 20:15

今日は大工の弟子になりたての話をします・・・

この前、こんなわけで大工になりました・・・とちょっと書きましたが、もう少し詳しく話しますと

小学校六年生の卒業のころ、自分の将来の夢を作文に書きなさい・・・と課題を出され、担任の先生は有井正照先生だったのですが、一時間考えても作文が書けず、他の人は運転手とかパイロットとか・・・女の子は看護婦さんケーキ屋さんとか、将来の夢を書いたのですが、三十人中四、五人書けない人が、放課後残って書いていけと言われ、二時間位考えたのですが、二人位やはり書けず、宿題になりました・・・そのうちの一人です、適当な事も書けず家に帰って悩んだもんです・・・
結論は何になって良いか分からず「人のために何か役に立つ人になりたい」というのが結論でした。
これが小学六年の時の思い出です。

中学三年になり、今度は本気で考えなければならない時が来て、当時は進学する人も増中では半分位しか無く、学校に行くか、行かない人は就職するか、どちらかでした。

高校にも行きたくないし、そうかと言って何になってよいか分らないし、本当に困りました。
中学三年位で目標が有る人は凄いと思います。
どうして良いか分らなくて困っている時、職業訓練所の建築科に行け・・・という親父の一言で、それも良いかな?他に行くところは無いし・・と軽い考えで大工の学校に行くことになりました。
後に聞いたことなのですが、増富に住んでいても出稼ぎに行かなくても職が在れば、この場所でも住んで行けるので、大工の学校に行けと、親父は言ったそうです。

学校時代の事はまたそのうちに話したいと思います。

昭和三十九年度に卒業して、卒業生は三十人中二十七人だったと思います。

さて、いよいよ就職です、また何処の工務店か建設会社に行くか、また選択しなければなりません。
大工になるためには、そんな選択が仕事の事から始まって何度もあります。
いろいろ悩みます、どうしようか迷っていると、内田君とたまたま話をした時、そんなに親しくはなかったのですが「俺は松木ブラザーズ建築所に行く」と言いました。
「そこは二人求めてるよなそれじゃぁ俺も行くか・・・」「おおそれじゃあいかざあ」という理由で決まってしまいました。
それが松木ブラザーズ建築所の、松木七朗さんと言う親方です。長くなるので今日はここまでです・・・・食器戸棚が出来ました。
[PR]
by masao-oyakata | 2007-12-28 22:14


親方・正男ちゃんの建築日々雑感


by masao-oyakata

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

関連ブックマーク

カテゴリ

全体
家作り
塗装
自然

日記
趣味
未分類

以前の記事

2013年 12月
2011年 04月
2011年 02月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

最新のトラックバック

ライフログ

お気に入りブログ

みずがきの森から

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧