<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今度は竹炭です・・・・

写真がなくて見せられないのが残念ですが、3窯めが焼きあがりました。
出来は良くないと思っていたのですが 15kg入れの箱に入れてみると30箱と袋に10ほどありました・・・見た目より良かったですね、これでいとこの家の小林さんの炭焼きは終わりです。

午後からは、いよいよ自分のぶんの竹の炭焼きです。
竹を窯につめて4時ごろから火を入れました・・・竹はよく枯れているので焼くのが難しく、口を三分の二位しめて時間をかけて焼くことにしましたが、土曜日の夜から焼き始めたのですが、今日火曜日の夕方には煙が青くなり、細くなっているので 口のスを大きく開けて酸素を多く入れます・・・
この事をせいれんをかけると言います。6時頃日向に見てもらって窯の前にベニヤを立て間に土を入れてとめました。
3~4日後が楽しみです。
仕事は今、お蔵の棚と天井、それから双葉で屋根のペンキ塗り、ミカリンの家の風呂場のタイル張り・・・いろいろやっています。

ほとんど完成に近いのでまた写真をお見せします。
[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-25 23:06 |

のどかな山村で

今朝、炭窯をとめました。日曜日にとめる予定でしたが、口を閉めて焼いたので、水~日・月曜の朝まで5日半かかりました。どんな炭が出来るか楽しみです。

月曜は、栗の木の残りの5本を切りました。曲り梁にしても使えるような木が2本あったので、3㎝に切って製材してもらう事にしました。
c0148582_10304030.jpg

水曜の今日は屋根の塗装です。屋根を洗って明日ソーラーを塗ります。材料はユメロックの2液性のウレタン塗料で仕上げます。
色々やりますが、どの仕事もみんな家造りの心に繋がっていると思っています。
c0148582_10355288.jpg

[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-19 10:37 |

今日は伐採作業です。

c0148582_1445913.jpg

昔、桑畑に栗の木を植えました。
良いたんば栗がなるそうです。でも山の中なので、家の人は一つも拾えず猿にみんな食べられてしまうそうです。そこでこの木を全部切って下さいと言うことで、伐採作業になりました。
c0148582_1475091.jpg

二人で一日作業でした、切った木は薪になるように短く切りました。
c0148582_1411415.jpg

切り株を高めに切り、又芽が出て栗がなるように、と言う注文で伐採しました。
10本くらい切りました。まだ他にも5本残っています。これは月曜日に切ります。こんな仕事もします。
[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-16 14:13 |

二回目の炭が焼きあがりました・・・

今度の炭は一窯目の炭とは格段の差です。
c0148582_2221053.jpg
箱づめするのにも張り合いがよく、話もはずみます。
この炭は売るためではなく自家用ですが、やはり良い炭が焼けると嬉しいものです。

なぜ炭焼きをするのかというと、教えてくれる人がいる時、習っておくといつか役立つ時が来るかも知れない・・・という気持ちでやっています。
こりは自分の家の炭ではありません。箱詰めをしたあとのお茶は美味しいですね・・・
c0148582_2283925.jpg

三窯目も火を入れました。

明野の長田邸200年リホームも順調に進んでいます・・・・。
c0148582_2211833.jpg

[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-13 22:12 |

二窯目の炭窯、昨日ふたをしてとめました・・・・。

土曜日の夕方火をつけて、日曜日の午後やっと窯の中の木に火が付きました。
それから月、火、水、木曜日の午後煙が青い色になり、夕方酸素が入らないように蓋をしました。

火曜日ごろ口を開けたいと思います・・・楽しみですね(^^)  

ホームページの中身も内容をもっと良く、充実して行きたいと思って更新中です。

また見て下さい・・・。
[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-07 18:48 |

今、仕事は二百年位建った家のリホームをしています。

c0148582_22141990.jpg
床と壁の直しです。明野町でやっています、大引きは土台の変りの次なぎになっているため、はずさずに横に大引を一本余分に入れました。
c0148582_22195458.jpg
転ばしは県産材のヒノキの間伐材を使いました。完成は次の機会です・・・お休みなさい・・・。
[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-03 22:22 | 家作り

木炭も第一回目がやけました・・・・

炭焼きもやってみると大変難しい物です。一から十までおそわらないと出来ません
c0148582_2158457.jpg
木を切る時に出来たすみの状態を考えて、曲りをぬき、立てやすく切らなくてはなりません。そこまでは考え付きませんでした。
煙出しの穴の広さとか、口もとのふたのやりかた、又焼け方の煙の色や匂いの判断がとても難しいものです。日向さんと小林さんに指導してもらい、一回目が焼きあがりました。
ちょっと火が強すぎてやわらかめの炭になりました。
c0148582_2275683.jpg
次はもっと良い炭に焼こうと思い二回目に挑戦して火を入れました・・・。
[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-03 22:13 | 自然

リホームが仕上がりました・・・

風呂場、台所もシロアリに食われて柱の根元も無く、大変な状態でした。骨組みの材料は6、7年前に施主さんの山を切り製材して預かっていた桧と杉を使って造りました。
c0148582_21295150.jpg
風呂場、流し台、タカラの製品です。風呂場は面積が4尺5寸×6尺のユニットバスです。
c0148582_21321979.jpg
c0148582_21331924.jpg
ユニットバス、流し台、ホーロー製品なので半永久的に持つと思います。
[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-03 21:35 | 家作り

ベニヤが仕上がりました・・・

60年前のベニヤを使った建具が仕上がりました。
着色をしてサンディングシ―ラを二回吹きつけしたベニヤを建具屋さんに持って行き、枠を新しい5尺9寸に合わせてピーラと言う木材で造りました。ちなみにベニヤは しおじという材質です。
建具に仕上げて切り込みをしてからはずして来てウレタン塗装をして
c0148582_211852100.jpg
仕上げました。
ベニヤで造ったフラッシュ戸とは見栄えが全く違った部屋になりました。
施主の方にも喜んでもらいました。
c0148582_21222351.jpg

[PR]
by masao-oyakata | 2008-03-03 21:23 | 家作り


親方・正男ちゃんの建築日々雑感


by masao-oyakata

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

関連ブックマーク

カテゴリ

全体
家作り
塗装
自然

日記
趣味
未分類

以前の記事

2013年 12月
2011年 04月
2011年 02月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月

最新のトラックバック

ライフログ

お気に入りブログ

みずがきの森から

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧